後遺症の補償可否

労災事故(業務上か通勤での病気やケガ)の治療を受け、症状固定となった際に、一定の障害が残った場合、この後遺症への補償を受けることが可能となっています。
症状固定は治癒や治ったと表現されることもありますが、実際には病気のケガの症状は安定してはいるものの、これ以上の医療効果が見込めない状態のことをいいます。
なお、業務災害のケースでは障害補償給付が受けられ、通勤災害のケースでは障害給付が受けられます。


また、給付は労災保険からおこなわれる形になりますが、残った障害の度合いによって後遺障害等級認定がおこなわれ、第1~14級のいずれかに判定されます。
1~7級の障害であれば年金が、8~14級にとどまるケースでは一時金が支給されることになるのです。
なお、この年金や一時金は、業務上または通勤での病気やケガである労災事故の入院や通院で受けられる療養補償給付や、仕事を休んだ場合に受けられる休業補償給付とは別個に受けられる補償です。


それから、後遺障害等級によって給付される額は異なり、年金の額は7級より1級のほうが、一時金の額は14級より8級のほうが高くなります。
また、手続きは労働基準監督署に対しおこない、請求書などの必要書類を揃えた上で申請をする形になります。
正しく手続きがおこなわれれば支給が決定し、厚生労働省より支給決定通知や支払振込通知が届きます。


当サイトでは、手続きをするにあたって必要なものを解説すると共に、等級認定に納得がいかない場合に打つ手はないのか、力を貸してくれる人はいないのか取り上げています。
労災事故による後遺症をめぐる問題に関し情報が欲しいと思っている人はチェックしてみてください。


<管理人推薦リンク>
交通事故で受けた後遺症への補償額増額をサポートしてくれるサイトです → 交通事故の後遺症

Copyright © 2014 労災事故の後遺症は補償される? All Rights Reserved.